おからダイエットではさまざまなメニューにおからを利用します。

 

普段の食事の材料におからを加えるだけで、栄養的に優れた低カロリーなおかずに変わります。

 

おから料理といって真っ先に思いつくものはおからの煮物「卯の花」でしょう。そのレシピは家庭によって異なりますが、基本的なレシピを紹介します。

 

まず、にんじん、ごぼう、しいたけ、油あげなど好みの材料をだし汁で煮ます。

 

そこへ軽く炒ったおからを合わせ、しょうゆ、酒、みりんで調味して煮汁がなるまで煮たら完成です。

 

子どもの好きなコロッケやハンバーグにおからを加えたものもヘルシーなメニューとして知られています。

 



 

おからコロッケは通常のコロッケのひき肉や玉ねぎを炒める過程でおからも合わせ加えて、つぶしたジャガイモに加えます。

 

おからの量はじゃがいもの半分くらいが適量でしょう。おからハンバーグではひき肉をこねる過程でおからを合わせます。

 

ハンバーグの場合のおからの量も肉の半分くらいが目安です。

 

コロッケもハンバーグでおからの量が多すぎるとパサパサ感が気になることあります。

 

基本となる材料の半分程度を目安に、好みに応じて量を決めるとよいでしょう。

 

おからダイエットの定番、おからクッキーも自宅で手作りできます。

 

そのレシピはバターに砂糖、卵、おからの順番で材料を加え、

よくなじませながら混ぜます。

 

そして薄く丸めたものをオーブンかフライパンで焼くという簡単なものです。好みによってゴマや胚芽を加えたり、風味を変えたりと楽しむのもよいでしょう。