WHITUREを始めたきっかけは、私の中で起こる‘ズレ’を調節するためでした。 気持ちと実際のこと、つまり事実・・・