年を経るにつれて心配になるのが「顔のたるみ」ほうれい線が生じてしまうほか、顔全体がアンバランスになってきてしまうなど、いわゆる「老け顔」の要因となってしまいます。

 

このような顔のたるみを僅かであろうと取り除けたいと感じている方、若さのキープやり方を解説していこうと思います。

 

一言でいうと「顔についた脂肪」が重大な発端になっています。

 

顔に脂肪がついてしまうと、ほかの部分とは違い顔自体のエクササイズが思うようにできない事です。

 

局所的に脂肪が簡単に落ちないため脂肪がつきやすく顔のたるみに影響を及ぼしてしまいます。

 

顔に脂肪がついてしまう理由はいろいろあるので、日常の食事内容で摂取カロリーが超えてしまえば脂肪が付いてしまうのは言うまでもなく,

 

それ以外ににも普段の生活習慣で、パソコンやスマートフォンのディスプレイを長時間見ていると

顔の表情筋を動かす機会が少なく顔に脂肪が付いても蓄積されるだけで、自然と重力により顔が垂れて老け顔の原因となります。

 



 

表情筋は約60種類もあって。

 

笑ったり、意識して口大きく開い足り閉じたり、を膨らませたり凹ませたりするだけで表情筋を鍛えられます。

 

意識して様々な表情を作り顔の表情筋を鍛えるようにしましょう。

 

顔の表情筋を鍛えることで、たるみの解決につながります。

 

 

又、食事をするときに、「噛む」という動きは口の周辺にある表情筋を動かします。

 

 

私達は食慣習が豊富になり、以前に比べ柔らかい食生活が多くなったためその影響を受けて噛む頻度そのものが減少してきている傾向が見られます。

 

噛む回数を故意に増やすことで表情筋は苦労することなく動かされ表情筋が鍛えられて、顔の脂肪を燃焼してくれます。

 

また、ガムを噛むのも良いと思われます。

 

ガムは噛み続けて知らぬ間に表情筋を鍛えることが出来ます。

 

日頃から猫背であったり、姿勢に問題があるという方も気を付けて下さい。

 

顔の筋肉は首や頭と直接関係しています。

 

 

猫背で顔が前に出るような体勢でいたり、肩こりで肩周りの筋肉が固くなっていると

顔へ血行や栄養素のサイクルが悪化して、知らぬ間に顔に脂肪がたまりやすい状態に繋がってしまいます。

 

 

日常背筋を伸ばして美しいスタイルを維持することを気に掛け、

肩を動かしたりストレッチしておくことで筋肉をリラックスさせるように心がけましょう。