現在、わたしは、小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子を子育て中の主婦です。

出産から子育ての間、すっかり体も太っていきました。そんなわたしが思いついたのが、ストレッチとヨガなのです。

そんなダイエットをはじめてからもう、6年になってしまいました。



ストレッチとヨガをを始めたのは、二人目を出産してからです。

高齢出産でしたので、子どもたちのためにも「いつまでも若く健康でいたい」という願いもありました。「お腹の周りを引き締めたい」といったこともダイエットをはじめたきっかけでした。

ストレッチとヨガは、血行や代謝をよくしてダイエットによいことはテレビや雑誌などでよく知られています。

でも、ヨガはわたしにとってははじめてでしたので、少しずつストレッチからはじめていったのです。

最初は軽いストレッチから入り、それを毎日続けていくと体が柔らかくなってくることに気がつきます。そうやっているうちにも、ヨガには興味が持てるようになりました。

ヨガのやり方はスマホやネットでのヨガ検索です。動画を見てはヨガのポーズをまねしてもみました。

ヨガのやりはじめというものは筋肉痛になりやすいです。しかし、身についてくると次第にポーズをとれることが快適になってきます。

いままでもヨガを習ったことはありませんでしたが、スマホや雑誌などを参考として進んでヨガを身に着けるようにしたのです。

6年間ヨガをするようになってくると、いまでは自分でこなせるストレッチとヨガのプログラムが増えてきて、3日間に分けてもできるようになりました。

ヨガの高度なポーズとしては「牛のポーズ」「ハトのポーズ」「ラクダのポーズ」「ブリッジ」なども今ではこなせるようになりました。

その中でもとくに「お腹痩せ」に効果のある「ブリッジ」ではとても効果があったのではないかと思っています。

いまでは出産前と同じサイズのSサイズのジーンズをはけるようになってきています。

ストレッチとダイエットをして体系が遺児できるよになってくると、次第にその体系に合った食事を摂ることができるようになってきます。

そうすることで、自然とダイエットにつながってきます。