かかとのガサガサはとても気になります。

 

とくにストッキングなどを履くときのあのざらざら感で

傷つくストッキングの気持ちというのはいかようなものなのでしょうか?

 

私の場合、寒くなるにつれて秋の頃から肌もあれてきがちです。

 

中でもかかとの荒れは人に見せられないくらい荒れてしまっています。

 

 

かかとケアをするクリームなどを試してみた頃ありました。

 

また、これといってかかとのためのクリームはとくに用意していないです。



自分でかかとが気になったときだけ、何か保湿できるものを塗っている感じですね。

 

かかとのトラブルで一番多いものが「乾燥」だそうです。

 

かかとはほかの部分よりもセラミドや保湿因子が内部からも逃げやすい部分だそうです。

 

また、そのかかとを放置しておくことで、今度は皮膚が硬化してしまう

「角化症」という病気になってしまうことがあります。

 

「角化症」は確執が一定のサイクルで形成されながらやわらかい状態を

保っているのですが、スムーズに新しい角質と入れ変わらない人もいるのですね。

 

 

「角化症」加齢に伴って起こりやすいといえ、新陳代謝が低下してきても起きてきます。

 

 

場合によってはひび割れや痛みが伴うこともあって手入れが必要になってきます。

 

 

かかとが荒れてしまう原因として「乾燥」がありますが、

人間はストレスを感じても体内ホルモンに影響して皮膚の

新陳代謝やバリア機能の低下を引き起こすといわれています。

 

 

なにも関連がないと思えるストレス。

 

バリア機能が低下してしまうと皮膚が厚くなってガサガサになってしまいます。

 

 

かかとの手入れに角質除去がありますが、

わたしはその方法が多少苦手な部分があります。

 

どちらかというと足裏の保湿の方が足には「やさしい手入れ」だと思っています。

 

 

保湿をすることで自然と角質が柔らかくなって気にならなくなってくるからですね。

 

 

そして、栄養素も忘れないようにビタミンEや尿素などが

含まれたクリームなどを使うといいようです。

 

また、かかとにやさしい靴下を選ぶことも大切でしょう。

 

かかとが乾燥して傷みがちな場合、柔らかい素材のもので

多少クッション性があるものがおすすめです。

 

何かとかかとの手入れ用品もたくさん販売されていますが、

てっとり早く手入れしたいと思うなら「ビワの葉の入浴剤」

や家庭用の入浴剤を使うのもおすすめです。

 

かかとだけではなく、全身もしっとりと潤ってきますので。