メイクや美容方法にも流行りってあるし、必ずチェックした方がいいですよね。

 

今日はそんな流行りの中でも、アイシャドウのやり方について、お話しします!

 

この春のアイシャドウの流行りは、幅を広く色を付けて

目元の余白を少なくするつけ方なんです。

 

特にブラウン系のアイシャドウを広く入れると

目が大きく見える効果もあってお勧めです。
 




 
具体的なやり方は、一度ふんわり「幅を広く」アイシャドウを入れます。

 

次にその半分くらいの幅にアイシャドウを入れて深みを出します。

 

最後に手で境目をなじませて1色目は終わりです。

 

目の際に引くアイシャドウは目じりを長めに引き、

また、「ふと目」に入れます。

 

最後に綿棒で目尻を整えます。

 

仕上がりに差ができるので綿棒を使うこともポイントです。

 

これでマスカラを塗ればアイメイクは完成です。

 

目の周りの余白がなくなると目が大きく見えて、

小顔に見せる効果もあります。

 

アイラインを長くまつ毛にはマスカラをばっちり塗ることで、

ナチュラルメイクとは違った印象が残せるので、

パーティーの日の特別なメイクから、

普段の女子会メイクまでこの方法は、おすすめなんです!

 

パーティーの日は目が大きく見えて、印象が変わって、

目立てることはもちろん、女子会の自撮りのお写真も

盛れるお写真が撮れると思います。

 

太めのアイラインは、目元の印象をバッチリにしてくれること、

間違いなしです。

 

まつ毛もばちっと決めて勝負しては、いかがでしょうか。