美容はやはりメンタル面にもつながっていて、

肌ケアにしても自分らしいスタイルがあるのではないかと思っています。

 

そして、外側から自分を磨いていくと自然と内側のことまで気になってしまう・・。

生活が乱れてくると「今日はまだブラッシングをしていない」

「自分のする最低限のスキンケアもしていない」なんてことになってしまいます。

 

美容とは自分を大切に扱うことにつながると思いますので、

毎日の基本的な自分磨きのひとつではないでしょうか?

でも、あまり難しく考えてしまうとけっこう続かないものです。

 

どうしても外出する際には身だしなみを考えたり、

今日の外出の目的にもあったお化粧や着るものまで考えてしまいます。

 

自分の最近の考え方として「疲れない体」を目指すようになりました。

 

それは健康にとっても嬉しいことですが、なんかいろいろと方法もありそうです。

 

美容というよりもそれは健康が基本になっていることからはじまります。



「今日一日とても頑張ったけれどもどうもなにか満足いかない感じで、

それはもう、お肌まで疲れてクタクタになっている」そんなことって多くないですか?

 

疲れはすぐにお肌に出ますよね。それで、化粧水や乳液、

それにお得意の自慢のクリームまですぐに持ち出して肌をリセットしてあげようと考える。

 

これは、男の人はしないことで、肌に対して

「いたわり」をもっているのは女の人だけではないでしょうか?

 

で、40代からはしっかりとしたアンチエイジングをしておいた方がいいかと・・。

 

美容っていろいろなことを多く含みますのでけっこう注目しておいた方がいいのではないかと・・。

 

そういえば、最近テレビで化粧品会社のコマーシャルをあまり見なくなったような気がします。

 

これもご時勢なのでしょうか?

 

反対にテレビではチークだけがとても目立つ芸能人の人が多くなりましたね。

 

流行は流行なのだけれどもすっごく目立ってしまいますね!

 

まあ、芸能人の人をモデルととらえてお化粧や肌ケアもすればいいのだけれども・・。

 

化粧水、乳液、クリームというような過程は経ずになんだか忙しいお化粧をしているばかりです。

 

なにか、「まあ顔に塗っていればいいか」なんて法もお化粧のひとつかもしれないですね。お化粧は一つの変装です!!