小じわのできる原因は何といっても
「肌の乾燥」にあることが多いです。

日ごろのスキンケアを怠ってしまうと
肌の乾燥から小じわにつながってしまいます。

肌の乾燥する原因としては、紫外線によるものも多いです。

毎日の肌ケアでも紫外線対策や
保湿対策などを中心に行うことが大切になってきます。

とくに小じわができてそのまま放置すると深いシワにつながりやすいです。

加齢によってできるシワは
皮膚に水分が少なくなっている場合が多いので水分補給もとても大切ですね。

紫外線対策ではできるだけ紫外線を浴びないことが重要です。

紫外線を浴びると肌のハリを保つコラーゲンが破壊されるからです。

肌のハリはなくなってきて皮膚には小じわが現れてきます。

顔がどんどんと老けていくので、年齢よりも老けてみられることが多くなります。

肌のシワは小じわができた時点で深いシワへと進行させるのを防ぐことが大切です。

小じわはまだ保湿のケアをすることで改善することも可能です。

基本的な保湿は、化粧水やクリーム、乳液をしっかりと使用することです。

ほかにも美容液を使い、フェイスマスクなどをするように習慣づけしましょう。

次に加齢による場合の小じわ対策を考えてみましょう。

加齢による小じわの原因はなんといっても睡眠不足にあります。

しっかりと睡眠をとることで肌を休ませてあげましょう。

そうすることで肌を健康な状態に保つことが期待できます。

なぜ、睡眠が肌修復に必要なのかというと、

それは睡眠中にホルモンが肌の回復に役立つからです。

それにはリズムがあってきちんと自己修復できる力が毎日の睡眠にかかっています。

肌の乾燥対策についてもう少し考えてみましょう。

夏の肌乾燥は日焼けなどでシワになりやすい時期です。

この時期にはとくに日焼けしないように日焼け止めや日傘などの使用がおすすめですね。

また、毎日の化粧品選びでも肌を健康に保てる化粧品を選ぶことです。

保湿成分の含まれたものを使用してしっかりと小じわ対策をしていきましょう。