目の下のたるみの予防法としては何かないものでしょうか?

目の下のたるみはその人の印象を老けさせてしまうことが多いです。

 

「いつのまにか目の下にたるみができてしまった」
深刻にならない前に予防法としてできる方法を探してみましょう。

 

目の下の皮膚はもともととても薄くできています。

 

それは「卵の薄皮程度」といわれていて、
睡眠不足や過労が続くことで血流が停滞して目の周囲の毛細血管の色が透けて見えるほどです。

 

でも、どうして年齢を重ねていくとこの部分が袋状にたるんでしまうのでしょうか?

 

それには3つの大きな原因があって「皮下脂肪の肥大化」「肌の弾力の低下」「筋肉の質の低下」
などといわれています。

 

もちろんたるみをもとから取り去るには「美容外科」へと行くしかありません。

 

下まぶたの裏側から眼窩脂肪などを除去する外科手術などを行います。

 

ほかにもレーザー手術などが行われることも多いです。

 

しかし、「美容外科に行くのはちょっと・・」
と思っている人には、日ごろからのケアがおすすめになってきます。



自宅で目の下のたるみを予防するには、
とても地道な積み重ねも必要になってきます。

 

例えば「表情筋トレーニング」として目元の表情筋に働きかけるトレーニングでも「目を左まわりにぐるりと回す」などたるみ対策、予防のエクササイズを行ってみることです。

 

これは朝晩のスキンケアのときに行うことがポイントです。

 

次には「リンパマッサージ」で疲労からの目の下の血流やリンパ液の循環をよくするものです。

 

保湿力の高いマッサージクリームやオールインワンゲルなどでむくみが気になる部分のツボを押さえて、老廃物を耳の後ろまで流します。

 

次に首をさすり下し、鎖骨に老廃物を流すようにマッサージしていきます。

 

このときには、極力摩擦を起こさないよう注意することが大切です。

 

摩擦で活性酸素を発生させてしまうとさらにたるみができる原因となるからです。