目の下のたるみ解消には真皮内にあるコラーゲンに潤いを与えることも必要になってきます。

 

目の下にたるみは表皮を支えている真皮内のコラーゲンやエラスチンの老化が原因で、

水分が抜けることで真皮に凹みができてしまいます。
 



 
そこで、真皮内にあるコラーゲンに潤いを与える方法として

保湿クリームやコラーゲンサプリ、ヒアルロン酸やコラーゲン注入、

イオン導入などいろいろな方法が用いられています。

 

保湿クリームは各メーカーからさまざまなものが販売されていますが、

値段や種類はたくさんあってもやはり「使い方」が重要になってきます。

 

いくら高価な保湿クリームであっても肌の真皮までしっかりと浸透させないと意味がありません。

 

また、コラーゲンサプリでも実際に確かめて効果を実感できたものを継続していくという方法しかありません。

 

それはコラーゲンについてはいろいろな意見も多く、効果も少ないという評価もあるからです。

 

真皮内にあるコラーゲンを復活させるには、ヒアルロン酸やコラーゲンを注入していくという方法もあります。

 

この場合、1年ほどで体内に吸収されてしまうので、再度半年から1年サイクルで注入を繰り返す必要があります。

 

イオン導入機を使うと化粧水などの浸透力が全然違ってきます。

 

ビタミンC導入体では肌に塗るのと比べると100倍近い浸透力の違いがあるといわれています。

 

そこで、結論として「まぶたのたるみやふくらみを改善する方法」として、

効果的に真皮内のコラーゲンの衰えを回復させることのできるのは

「イオン導入機能の美顔器」が一番おすすめだということになります。