ほうれい線ができる原因として一番影響しているものは、
「加齢による筋肉の衰え」なのです。

肌細胞が老化していくと、肌がたるい口元の溝が深くなってしまい
「ほうれい線」が目立ってきます。

それを予防するには、
頬の筋肉を強化するエクササイズをすることです。

口元が引き締まるのでほうれい線も目立たなくなってきます。

また、エクササイズというよりも食事のときによく噛むことや、
人とのおしゃべりをたくさんすることでも口元の筋肉が鍛えられてきます。

普段からほうれい線が現れないようにするには、
体の血液の循環をよくすることもとても大切になってきます。

なぜかといいますと、それはもし事務作業の多い人であれば、
前かがみなど血液の循環が悪くなって、肩こりや首こりしやすくなり、
頭皮も固くなってきたり頬もたるみやすくなるからです。

簡単にセルフケアするには、普段から口の周りを鍛えることが必要です。



ほうれい線ができる原因としては、乾燥や紫外線、加齢によるものが多いですが、
それは肌にできる「たるみ」のせいなのです。

ほかにもストレスや睡眠不足、暴飲暴食など原因はさまざまです。

最近はパソコンや携帯によるメールなど「目の使いすぎ」によるものも多く、
20代前半の女性でもほうれい線で悩む人が多くなってきました。なので、
ほうれい線の予防といっても対策はさまざです。