ほうれい線には大きく分けると2つのタイプがあって、浅いタイプのものと深いタイプのものとがあります。

 

 

浅いタイプのほうれい線の場合、原因としては「肌表面の乾燥」と「むくみ」が原因であるといわれているようです。

 

そして、この浅いほうれい線を放置しておくことで、深いほうれい線になってしまうことは多いです。

 

なので、浅いほうれい線が気になってきだしたら、すぐに対策をとるようにすることがおすすめです。

 

ほうれい線は口元に「八の字」のように刻まれるもので、このほうれい線を改善しただけでも5歳は若返るといわれています。

 

また、ほうれい線はシワではなく「ほほのたるみとの境界線」だということをしっかり認識しておきましょう。加齢とともに顔の筋肉は衰えていきます。

 

皮下脂肪が厚くなってると重さも増してきてたるみやすくなってくる傾向があります。

 

なので、肌のハリと弾力は低下して皮膚が垂れ下がる状態になってしまいます。

 

それをくい止めるには、頬のたるみ対策として顔筋を鍛えるエクササイズや肌の老化対策としてのアンチエイジングスキンケアなどが必要になってきます。

ほうれい線に関係している表情筋は、加齢だけではなく、普段から顔の筋肉を動かす機会も少ない人が衰えやすいといわれています。

 

これを鍛えるおれーにんぐとしては「割りばしを使って表情筋を鍛えるエクササイズ」や「口輪筋を鍛える顔ヨガ」などがあります。

 

また、ほうれい線ができやすい部位の筋肉を直接ストレッチする「ほうれい線プレス」なども知っている人も多いかもしれません。

 

また、ほうれい線ができやすいのは、「むくみ」が気になるときです。

 

顔に皮下脂肪が蓄えられてしまうと、

頬はたるみやすくなりリンパマッサージなどが必要になってきます。

 

それを行うことで余分な水分や老廃物の排出に役立ち、

むくみ防止ができます。

 

変わったほうれい線に対する療法では、白ごまを使ったインドに伝わるアーユルヴェーダの健康療法です。

 

白ごまを熱したものを冷ましたものを使う「うがい」が効果があるといわれているようです。

 

ほかにも肌のハリや弾力を取り戻すエイジングケアなどがとても大切になってきます。

 

世界初!「表情圧」とエイジングの関連性を解明。

 

表情圧とは、笑う、食べるなど毎日繰り返す顔の動きによってうまれる皮膚への負荷のこと。

 

サインズショットは顔の動きまで考えてつくられたエイジングケアです。

 

クリームが密着し、ピンとしたハリ感と弾力感を与えます。

 

こんな方におすすめ ・ほうれい線、目元や額のシワをなんとかしたい

 

これまでのシワ対策スキンケアに満足できなかった