「老け顔」って言われて気にならない女性は少ないのではないかと思います。
 
でも、どうして「老け顔」に見える人とそうでない人とがいるのでしょうか?
 
 
例えば、年齢に関わらずシワの多い人というのは自分の年齢よりも老けて見られがちですね。
 
 
また、シワというよりも「たるみ」。
 
 
これもまた老けて見られる原因となるようです。
 
 
ほかにも、老け顔の印象を高めてしまうのが「シミ」ですね。
 
 
肌内部でメラニン色素がつくられているからです。
 
 
「老け顔の特徴」としては、それは肌だけではありません。
 
 
頭髪にしても薄くてボリュームがないことが老け顔に見られてしまいます。
 
 
また、それに白髪になってしまっているとなおさらです。
 
 
メイクの仕方では「老け顔」に見られたり、
 
反対に若く見られる場合もあるかもしれません。
 
 
メイクでは厚塗りメイクといわれるメイクの仕方や、
 
むかしのままのトレンドでないメイク方法。
 
 
とくにファンデーションに使い方や口紅などの
 
種類の使い方によってはシワや乾燥してしまいます。
 
 
化粧方法でも「やぼったく見えてしまう」
 
というのは老けてみられる特徴のひとつです。
 
 
では、顔の形によってはどうなのでしょうか?
 
丸顔やたまご顔の人に比べると面長の人は老けてみられる傾向があります。
 
 
顔の形というよりも「顔のパーツ」ではどうなのでしょうか?
 
それは「おでこの狭さ」「目と目の間隔」「鼻の下やあごの長さ」
 
「黒目の大きさ」などによって老けてみられることもあります。
 
 
また、男性と女性では「老け顔」として見られる場合には特徴は違うのでしょうか?
 
男性の場合、髭の濃さや髪が薄毛の場合には老けて見られることも多いです。
 
 
男性の肌についても女性と同じことがいえます。肌のシミやたるみ、シミなども老け顔に見える原因のひとつとなっていますが、
 
 
それは男性は女性よりも肌の手入れを意識していない人が多いからだそうです。